遠藤正二朗 脚本・監督

Part.1Part.2Part.3|Part.4

ミステリーでもホラーでもなく、ただ、命の物語を描きたい一心でした。

命の物語とは、生きることと、死ぬことです。
それはつまり、生きるために、殺すことでもあります。

普遍的なテーマではありますが、正解のない厄介なことだったりします。
そんなわけでかなり悩みました。
ひとつの答えは出したつもりです。問いかけという形で。

いまは多くの言葉が出てきません。あとは皆さんの目と耳でお確かめください。

『セツの火』ようやく完成です。

2007/4/5 PM14:53 製品版ダウンロード開始から一夜明けて
脚本・監督 遠藤正二朗

戻る

Copyright (c) Media.Vision Inc. All rights reserved.