キャストコメント よのひかり

演じられたキャラクターについて
“17歳の女子高生”という設定に、一瞬ドキッとしましたが、
ストーリーを読み進めていくうちに、納得!
自然に、私のまま(笑)演じることができました。
セツの火と言う作品について
人として、心を失くしてしまうのは、とても辛く悲しいことです。
でも、今の世の中、ちゃんと気をつけていないと、
身も心も、本当に鬼になってしまうかも・・
自分の心は、自分で守ってあげなくちゃいけませんね。
ファンの皆様へ一言
個々のキャラクターが場面場面で利いていて、
ひとつのストーリーとしても、とても面白くできあがっていると思います。
どうぞごゆっくり、お楽しみ下さい!

戻る

Copyright (c) Media.Vision Inc. All rights reserved.